四電、伊方原発30キロ圏3市と安全確保へ覚書 – 読売新聞

2012-09-06

愛媛新聞

四電、伊方原発30キロ圏3市と安全確保へ覚書
読売新聞
事故が発生した際、四電は3市に通報するとともに、損害賠償の責任を負うとし、各市役所に放射線量を確認できる装置を設けるなどの内容。四電が立地自治体以外と協定や覚書を結ぶのは初めて。 県や伊方町と四電との安全協定では、県・町が原発施設の立ち入り調査が
四国電、伊方原発周辺3市と安全確保で覚書日本経済新聞

all 10 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業