国側は争う姿勢 南相馬・勧奨解除取り消し訴訟 – 福島民友

2015-09-29

国側は争う姿勢 南相馬・勧奨解除取り消し訴訟
福島民友
東京電力福島第1原発事故で特定避難勧奨地点の指定を解除したのは不当として、南相馬市の206世帯、808人が国に解除の取り消しと損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論は28日、東京地裁(谷田豊裁判長)で開かれた。国側は「同地点の解除は行政処分に当たら …

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業