土砂災害の危険箇所3割が未指定 県、住民周知徹底へ – 埼玉新聞

2014-08-27

土砂災害の危険箇所3割が未指定 県、住民周知徹底へ
埼玉新聞
警戒区域に指定されると、市町村は住民への危険周知や避難体制の整備が義務付けられる。上田清司知事は26日の定例 … ただし、崖崩れ(急傾斜地崩落)危険になると、県南部のさいたま市や川口市、所沢市など都市部を含む41市町村に及ぶ。危険箇所に住む対象世帯は …

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業