埼玉での主要業務終了 17日いわきへ再移転 福島・双葉町 – 河北新報

2013-06-15

河北新報

埼玉での主要業務終了 17日いわきへ再移転 福島・双葉町
河北新報
避難所の避難者は平均年齢68歳で、全体の4分の1の約30人が食事、入浴介助を必要としている。幾田慎一自治会長(65)は「避難生活に疲れたお年寄りが古里に近いいわき市とはいえ、再移動して新生活を送るのは無理。町は埼玉に残る避難者のことを真剣に考えてほしい」 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業