埼玉の土砂災害危険箇所4219地点に2万戸 警戒情報伝達に力 – MSN産経ニュース

2014-09-08

埼玉の土砂災害危険箇所4219地点に2万戸 警戒情報伝達に力
MSN産経ニュース
県は今年度8億円を対策に充て、砂防ダム建設などに取り組んでいるが、想定外の豪雨では工事などハード面の対策に限界があるのも事実。県や市町村は住民の啓発や、素早い避難へつなげる情報伝達のスピードアップなど、ソフト面の強化にも力を入れている。(中村昌史).

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業