埼玉・深谷市が要援護者支える地図作製中 – 読売新聞

2013-02-26

埼玉・深谷市が要援護者支える地図作製中
読売新聞
自治会長など約130人が参加し、地図を広げて見守り対象者の自宅や避難場所に印をつけるなど、実際にマップづくりを行った。現在、研修会参加者からマップについての感想や意見を集約しており、4月からは他の自治会にも説明を行い、マップづくりに取りかかる予定だ。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業