埼玉大学が日米韓の視点から 「アジアの共存と発展」について考える国際シンポジウムを開催 – JBpress

2013-12-19

埼玉大学が日米韓の視点から 「アジアの共存と発展」について考える国際シンポジウムを開催
JBpress
本シンポジウムはまず、南川秀樹 前環境相環境事務次官・現同省顧問より、基調講演として東日本大震災による直接的な環境被害、特にがれきの広域処理や放射性物質の処理についての環境省の今までの努力と現状、避難受け入れ地域に起こり始めている社会サービスの 

埼玉大学が日米韓の視点から 「アジアの共存と発展」について考える国際シンポジウムを開催 – JBpress

埼玉大学が日米韓の視点から 「アジアの共存と発展」について考える国際シンポジウムを開催
JBpress
本シンポジウムはまず、南川秀樹 前環境相環境事務次官・現同省顧問より、基調講演として東日本大震災による直接的な環境被害、特にがれきの広域処理や放射性物質の処理についての環境省の今までの努力と現状、避難受け入れ地域に起こり始めている社会サービスの 

カテゴリー

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業