埼玉)水害の教訓刻む水塚、県東部に1千カ所現存 – 朝日新聞

2014-09-05

埼玉)水害の教訓刻む水塚、県東部に1千カ所現存
朝日新聞
水害時の避難場所として江戸時代以降に築かれた水塚(みづか)が、県東部に1千余り現存していることが関連15市町の教育委員会の調査で分かった。カスリーン台風(1947年)などで大水害に遭った住民の記憶が塚に刻まれ、現役として防災意識を高める役割がなお失われ …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業