多様化する避難者 ニーズに沿った支援必要 さいたまでシンポ – 東京新聞

2016-03-11

東京新聞

多様化する避難者 ニーズに沿った支援必要 さいたまでシンポ
東京新聞
東日本大震災と福島第一原発事故から5年。埼玉県内だけで、今も福島県民を中心に約5000人が故郷を離れた避難生活を余儀なくされている。歳月が流れることで、避難者の生活は多様化し、避難先で周囲から取り残された人もいる。先月下旬にさいたま市で開かれた …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業