大宮北高、全市町村に調査(埼玉) – 読売新聞

2012-02-06

大宮北高、全市町村に調査(埼玉
読売新聞
さいたま市立大宮北高校(北区)の生徒約100人が、災害時要援護者(災害弱者)対策について県内全63市町村を対象に聞き取り調査した。避難所へ誘導する手順などを記したマニュアルを「作成している」と回答したのはわずか23市町(36・5%)だったという。

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業