大震災1年<5>「重大な人権侵害」 気持ちくんだ解決策を – 東京新聞

2012-03-10

東京新聞

大震災1年<5>「重大な人権侵害」 気持ちくんだ解決策を
東京新聞
東京電力福島第一原発事故の被害者の損害賠償をめぐり、東電側とせめぎ合いを続ける原子力損害賠償群馬弁護団の事務局長で弁護士の関夕三郎さん(40)は語気を強める。 県内では、福島県の被災者を中心に昨年三月のピーク時に三千七百三十人、震災から一年が近づく今月

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業