[大震災4年]人口減加速、対策急ぐ…出生増へ産科医育成 – 読売新聞

2015-03-16

[大震災4年]人口減加速、対策急ぐ…出生増へ産科医育成
読売新聞
原発事故で埼玉に集団避難してきた双葉町民を避難所で診療し、帰郷への不安を聞くうちに、「医師不足で帰れないことがあってはいけない」と心が動いた。特に医師が不足する産婦人科に専門を変え、総合周産期センターで半年間研修を受けて、2012年に福島に赴任した。

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業