始まった「福島一揆」――東日本大震災から3年半 – ハフィントンポスト

2014-09-12

始まった「福島一揆」――東日本大震災から3年半
ハフィントンポスト
原発に隣接した浪江町が代理人となり、住民が全町避難に伴う精神的苦痛への慰謝料増額を東電に求めて、国の原発ADR(原子力損害賠償紛争解決センター)に集団で和解申し立てを行ったのである。続いて浪江と同様に全住民が避難生活を強いられている飯舘村の住民も …
[大地とともに 深まる混迷 2] 賠償 「不十分」強まる不満 福島県飯舘村日本農業新聞

all 4 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業