姿消す公衆電話…県内41%減 台数維持を…災害時通話可で役割重要 – 埼玉新聞

2015-11-03

埼玉新聞

姿消す公衆電話…県内41%減 台数維持を…災害時通話可で役割重要
埼玉新聞
県は災害時の帰宅困難者や避難者対策として、市町村に避難所に「特設公衆電話」を設置するよう勧めている。災害時には無料で使うことができるとともに、優先的につながる。回線の引き込みもNTTが負担する。県は「特設公衆電話を知らない市町村がある。必要とされる公衆 …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業