宝石箱 子どもに夢 師走ひと模様 – 福島民報

2013-12-03

宝石箱 子どもに夢 師走ひと模様
福島民報
埼玉県に避難した母親が初めての一時帰宅で、成人式でまとった根岸さんの着物を持ち出した。親、古里、友人-。着物を前に思い出が胸に去来した。根岸さんの目から涙がこぼれた。 「子どもの大切な気持ちをしまうことができる宝石箱を作ろう」。24年4月に退職。今年3月、 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業