実質国有化で抜本改革=東電に1兆円公的資本注入―総合計画を政府提出 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

2012-04-27

実質国有化で抜本改革=東電に1兆円公的資本注入―総合計画を政府提出
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
東京電力と原子力損害賠償支援機構は27日、1兆円の公的資本注入などの経営再建策をまとめた「総合特別事業計画」を政府に提出した。連休明けに認定を受ける見通し。政府は6月の株主総会後に東電の過半数の議決権を取得し、実質的に国有化。原賠機構の下河辺和彦運営

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業