宮城県内、竜巻対策進まず 市町村、低い危機感 – 河北新報

2013-12-11

宮城県内、竜巻対策進まず 市町村、低い危機感
河北新報
遭遇した場合、速やかに頑丈な建物や窓の無い小部屋に避難する必要がある。 国内ではことし、竜巻被害が相次いだ。9月に埼玉、千葉両県で64人が重軽傷を負い、建物600棟以上が損壊した。秋田市では11月、14棟の屋根や外壁がはがれた。 気象庁から竜巻注意情報が 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業