小矢部の団体 支援勉強会 – 中日新聞

2013-06-28

中日新聞

小矢部の団体 支援勉強会
中日新聞
県外は東京都、埼玉県などで長期にわたる避難は、避難先ともいじめなどのトラブルを伴う。原発による避難は人々の心を疲弊させる」と訴えた。 復興計画に幾橋課長補佐も「将来町に戻る住民、戻らない住民の区別なく、現在の避難地での生活の支援が中心。政府の防染計画 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業