山形市内への避難者が東電と和解 原発ADR仲介で成立 – 朝日新聞

2012-12-29

山形市内への避難者が東電と和解 原発ADR仲介で成立
朝日新聞
原発事故で福島県南相馬市から山形市に強制避難している70代の夫婦に東京電力が405万円を支払う和解が、政府の原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)の仲介で成立した。原発被害救済山形弁護団が28日、発表した。同弁護団が代理人を務めた原発ADRの
原発関連死で和解仲介申し立て 男性遺族福島放送
避難の70歳代夫婦 ADR通じ東電と和解読売新聞

all 3 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業