山木屋住民、和解へ 不動産「全損」 – 朝日新聞

2014-03-17

山木屋住民、和解へ 不動産「全損」
朝日新聞
代理人の野村吉太郎弁護士によると、東電側が14日、和解の仲介をしている原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)の和解案を受け入れた。住民側は2月に受け入れを決めており、今後、和解に向けた具体的な手続きに入る。 和解案では、居住制限区域と避難指示解除 
福島第1原発事故:東電が「全損扱い」 川俣・山木屋地区毎日新聞
山木屋地区住民 東電と和解読売新聞
東電が財物「全損扱い」受諾 山木屋で和解福島放送

all 7 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業