川越観光 多言語化さらに推進 市外国籍市民会議 – 東京新聞

2015-04-17

川越観光 多言語化さらに推進 市外国籍市民会議
東京新聞
これまでに広報英語版の発行や、避難所での生活ルールを記した多言語シート、国際交流センターの事業などで提言が生かされている。 昨年度は十人の外国籍市民が委員となり、市が力を入れている東京五輪に向けた観光対策で、外国籍市民が協力できることについて六回 …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業