帰宅困難者、主要5駅周辺で8万2000人 – 読売新聞

2013-01-25

帰宅困難者、主要5駅周辺で8万2000人
読売新聞
平日の午前5時には、大宮駅周辺で4000人、浦和駅周辺で3000人程度で、これらは駅周辺のホテルなどに宿泊している人と考えられる。 県は年度内に、主要5駅で、鉄道会社や学校、周辺の企業と共に帰宅困難者対策協議会の設置を予定。3月末までに、市町村ごとの推計値や、夏休み中の状況などに

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業