帰宅困難 大宮で対策協議 – 読売新聞

2012-04-27

帰宅困難 大宮で対策協議
読売新聞
昨年3月11日の大震災発生当日は、さいたまスーパーアリーナに避難した人も含めると、大宮駅周辺に少なくとも約5000人の帰宅困難者が滞留し、県全体で帰宅困難者は推計33万人。首都直下地震が起きると、県内では約67万人の帰宅困難者が発生すると想定される。

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業