年末年始も仮設で奉仕 県内被災地で学生ら活動 – 岩手日報

2013-01-04

岩手日報

年末年始も仮設で奉仕 県内被災地で学生ら活動
岩手日報
仮設住宅での避難生活は長期化し、支援ニーズが多様化する中、ボランティアは被災者に寄り添った活動を展開している。 被災地で活動する学生 ギンガネットの活動に初めて参加した埼玉県立大の東日本大震災復興支援サークル「がんばっぺ!SPU」の矢沢美咲代表(3年)

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業