弁護団ニュース第1号

2012-02-09

画像をクリックするとPDF表示されます。

弁護団ニュースのバックナンバーはこちらに掲載していきます

弁護団ニュース第1号

2012年2月吉日 埼玉原発弁護団 発行

はじめに

原発事故被害者・被災者の皆様。私たちは、埼玉原発弁護団です。

この弁護団は、原発事故の被害を受け、故郷・住まいを追われ、また家族や友人らと離ればなれの生活を強いられている皆様が、東京電力に対し、被害に関し損害賠償を求める活動をお手伝いしようと、弁護士の有志により結成されました。

このニュースでは、私たち弁護団の活動の内容や、皆様に取り有益な情報を、いろいろお伝えして行きたいと考えております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

【ニュース】 越谷での一斉申立てについて

「紛争解決センターへの申立て,本格始動へ!」
平成23年12月26日,埼玉県内で避難生活を送る福島県民15世帯54人が,「紛争解決センター」に対し,東京電力に対する損害賠償を求めて,集団の申立てを行いました。請求総額は約3億円です。

今回は,越谷地域と川越地域に避難している方を中心に、申立てをしたものです。すでに紛争解決センターの担当者も決まりました。弁護団では、今後も2か月に1回のペースで集団での申立てを行う予定です。

【双葉町情報】 双葉町民への原発事故損害賠償説明会

平成24年1月9日より、週に1,2回ほどのペースで、埼玉県加須市の旧騎西高校において、双葉町弁護団による双葉町民対象の損害賠償説明会が開催されております。1月9日は、午前、午後の2回の実施で、計100名ほどの双葉町民が参加されました。

説明会では、弁護団より、独自に作成した「紛争解決センター」への申立書(やさしい原発事故損害賠償申出書)の書き方について、説明をし、さらに質疑応答や、書き方についての個別アドバイスなどをさせていただきました。説明会は、その後1月10日(参加20名)、21日(同148名)、23日(同46名)、29日(同114名)と引き続き実施しております。

この説明会は、双葉町と双葉町弁護団との協定に基づいて行われており、参加は双葉町民の方に限らせていただいておりますが、双葉町民以外の方々にも参加可能な説明会も、県内各地で実施しておりますので、詳しくは避難元町村の役場へお問い合わせ下さい。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業