弁護団ニュース第2号

2012-03-07

画像をクリックするとPDF表示されます。

弁護団ニュースのバックナンバーはこちら

弁護団ニュース第2号

第2号 2012年3月7日 埼玉原発弁護団(Tel 048-642-3883)発行

【ニュース】 東京電力、紛争解決センター案受け入れ

東京電力は,平成24年2月27日,紛争解決センターに持ち込まれていた第1号事件の和解案を受け入れました。大きな前進は2つ。「現時点で仮払金の精算はしない」「慰謝料や財産の損害について,今後も追加請求できる」という点です。

これまで,東電から送られてきた書式による東電への直接請求では認められていませんでした。当面の生活資金を確保するためにはいずれも重要なポイントで,これからセンターでの解決を目指す方々には追い風となりそうです。

【ニュース】 紛争解決センターへの和解仲介一斉申立て

平成24年2月29日,原発被害救済弁護団(埼玉)は、紛争解決センターに対し、他の都県の弁護団と共同で、和解仲介の一斉申立を行いました。このうち、埼玉弁護団が担当する案件は、7世帯25名の方の分で、請求総額は1億9068万2645円となっております。

また、これとは別に、双葉町弁護団のほうも、同日、22世帯47名の方(うち埼玉双葉町弁護団の担当は14世帯29名 請求総額3億2458万8727円)について、一斉申立を行いました。

さらに、これに先立ち埼玉弁護団が昨年12月27日に行った第1次集団申立(前号で紹介)については、いよいよ4月4日午後1時に口頭審理の期日が入り、手続が本格化することとなります。

埼玉弁護団では、今後も概ね1ヶ月ごとに、一斉申立を予定しております。前記しましたように、多くの皆様が参加されるようお願い致します。

【原発賠償説明会情報】

今後予定されている、原発事故被害者のための賠償説明会(埼玉弁護士会主催 http://genpatsu.bengodan.jp/)の実施予定は、以下のとおりです(参加対象に制限なし)。

平成24年3月17日(土)18時30分 坂戸市 坂戸駅前集会施設
同    3月18日(日)13時30分 さいたま市浦和区 さいたま共済会館
同    3月24日(土)13時30分 熊谷市 チサンホテル

説明会では、弁護士より、独自に作成した紛争解決センターへの申立書(やさしい原発事故損害賠償申出書)の書き方について、説明をし、さらに質疑応答や、書き方についての個別アドバイスを致します。参加料はいずれも無料です。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業