復興世代 羽ばたく 故郷で、避難先で成人式 2016年01月11日 – 読売新聞

2016-01-11

復興世代 羽ばたく 故郷で、避難先で成人式 2016年01月11日
読売新聞
料理店を営んでいた両親が避難先のいわき市で店を再開する姿を見てきた東京都中野区、短大生木村瞳美さん(20)は「つらい状況も笑顔を絶やさず乗り越えた両親を誇りに思う。 … 全町避難が続く富岡町の成人式は仮役場のある郡山市で開かれ、146人が集まった。代表あいさつをした県立医大2年、板倉佑弥

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業