心に寄り添う:親たちの決断/7 避難先の妻子のため育休取る教諭 一時の同居、今を大切に 親の不安、子どもも感じ /福島 – 毎日新聞

2015-04-14

心に寄り添う:親たちの決断/7 避難先の妻子のため育休取る教諭 一時の同居、今を大切に 親の不安、子どもも感じ /福島
毎日新聞
原発事故後、2年3カ月近く自主避難している妻子と別れて暮らしてきた郡山市の中学校教諭、瀬川芳伸さん(53)。昨年10月に四男が心臓に病気を患って生まれたのを機に育児休暇をとり、避難先のさいたま市で家族一緒に暮らしている。「今は子どもたちのそばにいて安心させ …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業