心の悩み深刻 県外避難長期化 孤立、生活苦…疾病の恐れ – 福島民報

2013-08-27

心の悩み深刻 県外避難長期化 孤立、生活苦…疾病の恐れ
福島民報
避難区域が設定された県内13市町村の住民を対象にした県の「こころの健康度・生活習慣に関する調査」(24年度)では、回答者6万6014人のうち4677人(約7%)が「心理的なストレスからの支援が必要」と判定された。こうした状況を踏まえて、県は県外避難者に対する「心のケア」態勢を充実させる。 山形(7月4日現

and more »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業