想う 3・11から1年/震災関連死を申請 – 朝日新聞

2012-03-09

想う 3・11から1年/震災関連死を申請
朝日新聞
浪江町の竹村寛(ゆたか)さん(当時91)は昨年5月、避難したまま自宅に戻ることなく、埼玉県の病院で亡くなった。寛さんと2人で暮らしていた次女の益子さん(59)は「浪江に帰らせてあげたかった」と悔やむ。 浪江町で生まれ、米作りに励んだ人生。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業