想定外の賠償・廃炉費用を誰が負担するのか:東電への追加支援をめぐり、政府が協議へ

2016-09-07

政府および原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、東京電力ホールディングスからの要請を踏まえて、福島第一原子力発電所の廃炉や損害賠償費用の負担のあり方の検討に着手する。ここ1~2カ月の間にも、電力自由化の進展を踏まえた原子力事業の環境整備の一環として、経済産業省を中心に関係者間で支援の枠組みを決めるための議論が始まる見通しだ。

続きは、東洋経済オンラインの記事をご覧ください。:2016/9/3

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業