指定避難所、8割未設置 安全性確認手間取る 2016年05月18日 – 読売新聞

2016-05-18

指定避難所、8割未設置 安全性確認手間取る 2016年05月18日
読売新聞
指定避難所の設置には、土砂災害、地震、津波など災害の種類別に、施設の耐震性が十分で浸水被害の影響が少ないことや、車両輸送が行いやすいことなど様々な条件をクリアする必要がある。首都圏では、千葉県が全54自治体の半数の27市町村で、埼玉県が全63自治体 …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業