支援策さらに充実を 県の避難者意向調査 心身の悩み深刻化 – 福島民報

2014-04-30

福島民報

支援策さらに充実を 県の避難者意向調査 心身の悩み深刻化
福島民報
県が28日に発表した県内外への避難者アンケートで心身の不調を訴える人のいる世帯が7割近くに上ることが明らかになり、市町村や支援団体などからは、あらためて国や県に避難者を守る支援策の充実を訴える声が上がった。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から3年が過ぎ、ストレスを抱える避難者は
支援策さらに充実を 県の避難者意向調査福島放送

all 3 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業