放射線の恐怖根強く=「諦め」「子ども守る」―古里に見切り、移住決断[時事] – ガジェット通信

2015-03-07

放射線の恐怖根強く=「諦め」「子ども守る」―古里に見切り、移住決断[時事]
ガジェット通信
鈴木直清さん(63)は事故後、同県南相馬市から埼玉県鳩山町に避難。「親戚や若い人も去り、生活環境が壊されてしまった。ダムに沈む放射性物質も怖い」と、古里に戻る気はないと言う。 既に定年を迎え3人の子供は独立。同町に隣接する坂戸市内に約40坪の土地を購入 …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業