放射線の恐怖根強く=「諦め」「子ども守る」-古里に見切り、移住決断 – 時事通信

2015-03-07

放射線の恐怖根強く=「諦め」「子ども守る」-古里に見切り、移住決断
時事通信
同町から東京都中野区の都営住宅に避難している深谷計さん(88)は複雑な表情を浮かべる。自宅は第1原発から約10キロ。外壁に大きな被害はなく、当初は「修理すればまた住める」と考えていた。しかし、避難が長期化するにつれ「原発のあるうちは無理だ」との気持ちが強く …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業