新指針出れば延長も 精神的賠償の打ち切り時期で東電社長 – 福島民報

2013-01-11

新指針出れば延長も 精神的賠償の打ち切り時期で東電社長
福島民報
東京電力の広瀬直己社長(59)は10日、福島民報社のインタビューに応じ、平成24年8月末までとした福島第一原発事故の避難区域外の精神的損害の賠償について、文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会が新たな指針を示せば、打ち切り時期の延長もあり得るとの考えを

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業