旅館組合、賠償請求へ 「東電は客数減に責任を」 秋田 – 河北新報

2011-12-15

旅館組合、賠償請求へ 「東電は客数減に責任を」 秋田
河北新報
秋田県内約230の宿泊施設が加盟する県旅館ホテル生活衛生同業組合は14日、秋田市で理事会を開き、福島第1原発事故による風評被害で宿泊客が減少したとして、東京電力に損害賠償を求める方針を決めた。 理事ら約20人が出席。風評被害による組合員の具体的な損害額
風評被害の賠償請求を正式決定 県旅館ホテル同業組合、東電に秋田魁新報
「風評ではなく実害」 宮城旅館組47NEWS

all 5 news articles »

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業