晴れて「大熊の保健師」に…埼玉の町から転籍 2015年03月25日 – 読売新聞

2015-03-25

晴れて「大熊の保健師」に…埼玉の町から転籍 2015年03月25日
読売新聞
原発事故直後の2011年5月、会津若松市に仮役場を置いたばかりの大熊町に派遣され、会津地方のホテルや旅館など約60か所に避難していた町民に接した。6週間にわたり、悩みを聞くなどして心身のケアにあたったが、ストレスからか血糖値や血圧が上がり、持病が悪化し …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業