晴耕雨読 桐生で夢を 被災夫婦、家と畑購入 – 読売新聞

2011-11-15

読売新聞

晴耕雨読 桐生で夢を 被災夫婦、家と畑購入
読売新聞
自給自足の田舎暮らしにあこがれ、埼玉県から8年前に福島県浪江町に移住したが、原発事故で避難を強いられた。「前向きに、もう一度」。群馬の地で、夫婦は再び、くわを持ち、畑を耕している。(酒井圭吾) 桐生市黒保根町の標高約700メートルの山あい。

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業