最後の避難所 近づく閉鎖 震災1000日埼玉・加須、今も双葉町民11人 – 東京新聞

2013-12-04

東京新聞

最後の避難所 近づく閉鎖 震災1000日埼玉・加須、今も双葉町民11人
東京新聞
東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で唯一残る避難所、旧埼玉県立騎西高校(加須(かぞ)市)の閉鎖が近づいている。第一原発がある福島県双葉町から避難してきた住民は、体育館や教室で寄り添うように暮らしてきた。4日で震災から1000日目。ピーク時に約1400 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業