最後の震災避難所、今も109人 「仲間いるから」 – 朝日新聞

2013-07-01

最後の震災避難所、今も109人 「仲間いるから」
朝日新聞
【笠井哲也】東日本大震災直後、各地にできた約2千カ所の避難所。仮設住宅の整備とともに閉鎖されたが、2年3カ月経った今も埼玉県加須市に1カ所だけが残る。原発事故で避難した福島県双葉町民109人が暮らす旧県立騎西高校だ。校内にあった仮の役場は6月17日に 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業