来月末、補償申し立てへ 原発事故 弁護団、初の説明会 – 東京新聞

2012-01-10

来月末、補償申し立てへ 原発事故 弁護団、初の説明会
東京新聞
出席した町民計約百人に対し、埼玉県内の弁護士ら十人が、町が作成した設問形式の「やさしい原発事故損害賠償申出書」の記入方法を説明。現在月十万円が支払われている精神的損害の賠償については「少なくとも交通事故で入院した場合の慰謝料の月三十五万円は支払われる

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業