東日本大震災:「双葉町民の歌」心の支えに 羽生へ避難、元教員の武内さん /埼玉 – 毎日新聞

2012-04-06

東日本大震災:「双葉町民の歌」心の支えに 羽生へ避難、元教員の武内さん /埼玉
毎日新聞
東日本大震災と東京電力福島第1原発の事故で、福島県双葉町から羽生市へ避難している元教員、武内敏子さん(81)が心の支えにしている歌がある。「双葉町民の歌」。公募に応じて20年以上前に作詞したこの曲は、正午になると防災無線で流れ、町民に親しまれてきた。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業