東日本大震災の県内避難者数5639人 調査方法見直しで倍増 – 埼玉新聞

2014-08-30

東日本大震災の県内避難者数5639人 調査方法見直しで倍増
埼玉新聞
調査対象を拡大したことで、前月比2647人増の5639人となった。 最も県内避難者が多かったのはさいたま市で687人。次いで加須市が647人。川口市が528人だった。 被災県別の県内避難者数の内訳は、福島県が5077人、宮城県が355人、岩手県が128人。 上田清司 …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業