東日本大震災の被災地に「情報を届ける」という使命 – ハフィントンポスト

2015-02-16

東日本大震災の被災地に「情報を届ける」という使命
ハフィントンポスト
同じ日、福島からの方々が多く避難されているさいたまのスーパーアリーナでも、弁護士らによるニーズ調査が始まり、併せて法律相談が行われたとの報告がありました。そこでは、住宅ローンや公共料金の支払い、子どもの学校、放射線被ばくの懸念、医療、お金の無い中で当面 …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業