東日本大震災:福島第1原発事故 ホットスポット「住民分断」 伊達の991人、初の仲介申し立て – 毎日新聞

2013-02-06

河北新報

東日本大震災:福島第1原発事故 ホットスポット「住民分断」 伊達の991人、初の仲介申し立て
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故に伴い、局所的に放射線量が高いため世帯単位で自主避難を促す「特定避難勧奨地点」を巡り、指定されなかった福島県伊達市の住民991人が5日、政府の原子力損害賠償紛争解決センターに和解仲介を申し立てた。「指定世帯と同じ賠償金を
避難勧奨地点、非指定にも賠償を 伊達市民がADR申し立て河北新報
20億円賠償求め1000人が申し立て 伊達市霊山町の住民 福島MSN産経ニュース
特定避難勧奨に選ばれず…住民が慰謝料申し立て読売新聞
福島民報
all 7 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業