東日本大震災:浦和学院高、被災児童らと交流 復興支援に野球部員参加 /埼玉 – 毎日新聞

2011-12-11

東日本大震災:浦和学院高、被災児童らと交流 復興支援に野球部員参加 /埼玉
毎日新聞
同少年団の選手たちの大半が家を失った上、練習場だった鹿妻小は避難所となり野球ができるようになったのは5月上旬だったという。佐藤菜々実主将(小5)は「全国の皆さんから支援をもらった分、頑張らないといけない。これからも野球を続けたい」と話した。【山本愛】

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業