東日本大震災 「仮の町」構想/住民守るため制度設計急げ – 河北新報

2012-05-25

東日本大震災 「仮の町」構想/住民守るため制度設計急げ
河北新報
背景にあるのは避難生活の大規模化と長期化だ。例えば、役場機能を会津若松市に移している大熊町。町民は同市やいわき市など県内に約8千人、全国46都道府県に3千人余りが分散している。 同じく埼玉県加須市に役場機能ごと避難している双葉町。

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業