東電、会長人選が難航 総合計画「4月中旬めざす」 – 日本経済新聞

2012-03-30

東電、会長人選が難航 総合計画「4月中旬めざす」
日本経済新聞
東京電力が29日、政府の原子力損害賠償支援機構に出資と賠償資金の援助を要請した。今後の焦点は勝俣恒久会長の後任人事に移る。東電と機構は4月中旬までに会長人事を固め、リストラ策などを柱とする「総合特別事業計画」も決着させることを目指す。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業