東電、原子力損害賠償に関する書類を″不適切″に廃棄–被災者227人分、ゴミ箱に – livedoor

2013-10-11

東電、原子力損害賠償に関する書類を″不適切″に廃棄–被災者227人分、ゴミ箱に
livedoor
調査によると、同社が原子力損害賠償の財物賠償の準備作業を委託していた日本補償コンサルタント協会の男性職員(60歳代)が、「個人情報を含む原子力損害賠償に関する書類の破棄は溶融処理する」という社内ルールに反して、当該書類を自らの手で破ったうえで、10月8日 
福島第一原発事故の賠償関連書類をごみ箱に廃棄、一部所在不明に – 東電委託先Security NEXT
東電 被災者の個人情報を屋外のゴミ箱に捨てていた 49人分は「紛失」ハフィントンポスト
東電、損賠関連49人の個人情報紛失 屋外のゴミ箱に廃棄日本経済新聞
読売新聞
all 11 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業